KISS

I&KISS 号外
神様の思し召し
嬉しいことに今年もKISSが来日してくれた。
普段は営業車でラジオを聞かないのだが、たまたまつけた時に来日決定の案内と先行予約販売のアナウンスが流れすかさず携帯電話で予約。武道館最終日に友人(過去全てこの友人とKISSを堪能した)と行くこととなった。
私は無宗教だがこのときばかりは神様の思し召しと思わざるをえなかった。
ACEが来ない!
3月を待ち遠しく感じていた頃、またもやオリジナルメンバーが揃わないニュースが飛び込んできた。今度はACE。ギターのロケット砲が見れない...。ちょっと残念だが前回(2001年)直前になって来日をとりやめたPETERは来てくれるのでまあよしとしよう。ドタキャンにも動揺しなくなった自分が少し寂しい。
2003・3・13武道館
いよいよ待ちに待った3・13。初めて入る武道館はドーム慣れしている私にとってはかなり狭く感じた。と同時にどの席でも良く見えるだろうとわくわくしながら席を探す。そしてなんと席は1階席最前列。正面ではなく少し右側のほうではあったがこれならアリーナ席より数段いいと自己満足しながら席につく。
PM7:00開演
オープニングは意表をつく「KingOfTheNight」。「Deuce」派の私には少々盛り上がりに欠けたが2曲目に登場した「Deuce」で私は爆発、私の今年一番の思い出となるであろう短い夜が始まった。
ACEの代役はKISSトリビュートバンドのギタリストで(名前は忘れてしまった...私のKISSオタクぶりも今ひとつか...)ヘナヘナとしたACEの体の動きや自前のコスチュームも完璧であった。
ハプニング
PAULが「スキヤキ(上を向いて歩こう)」をアカペラで歌いだし観客と一体となって合唱したり、「Black diamond」のイントロがツェッペリンの「天国への階段」に化けたりといろいろと楽しませてくれたが、一番のハプニングはACE代役が間奏で思いっきりこけたことだろう。
厚底靴には慣れているだろうがさすがの武道館に緊張していたに違いない。それにしてもかなり痛そうだった。
PM9:00終演
お決まりのGeneの火吹き「Fire house」・血吹き「God of thunder」に感動し、アンコール1曲目のPeterの生「Beth」に感動し、最後はいつもの「Rock'nRoll All Nite」で終了した。
帰りは御茶ノ水まで歩いていき友人と一杯やりながらKISS談議に花を咲かせた。

<関連リンク>
I&KISS (社員のコラム01’11月号)
I&KISS(MyFavoriteSongs) (社員のコラム02’01月号)
I&KISS(MyCollections) (社員のコラム02’12月号)

社員のコラム’03/2月号(2003年5月掲載):MasafumiEbinuma Wrote