みなさんはハンドボールというスポーツをご存知ですか?
知らない!とは言わせません、中学・高校の体育の授業で1回は経験しているはずです。
そうです、サッカーゴールを小さくして枠を赤白に塗ったヤツをゴールとして使い、
サッカーボールをふた周り程小さくしたボールを手で持って投げる、あのスポーツです。
私はなにを隠そう中学・高校とハンドボールに身を投じたハンドボール小僧でした。
私の辛くも楽しかったハンドボール生活を振り返りつつ
みなさんにもハンドボールの良さを味わっていただこうと思います。
ハンドボールとの出会い
野球部在籍中の中学2年生になった時、新卒で赴任されたばかりのナナハン教師S先生がハンドボール部を創設すると聞きつけ、野球部ではレギュラー取りが危うい状態で新しい部ならレギュラーがいけるかもしれないとのセコイ考えで転部を決意。
ハンドボールとはどんなスポーツかも知らずにこの思い出が始まる。
ハンドボールとは?
ゴールキーパーの立っているゴールに向かってボールを投げ込み点を競い合うスポーツ。チームは7人(フィールドプレイヤー6人+ゴールキーパー)編成でルールはサッカーとバスケットボールに似ているところがある。しかし私はハンドボールのせいでバスケットボールが全く出来ない体になってしまった。というのはハンドはボールを持ってから3歩も歩けるのにバスケは2歩しかいけない為必ずトラベリングをとられてしまうからである。体育会系のクラブに属していると体育課の先生にかわいがられ体育の成績は「オール5」になるものだが私はバスケの時は「3」になってしまった。
中学ハンドボール時代
S先生の魅力に引き寄せられ男女合わせて20人程のクラブになった新生ハンドボール部で私のポジションは「ヨンゴー」。中学入学時に身長が169センチ(今は173センチ、4センチしか伸びてない!)あった私は攻撃の要のポジションであった。創部メンバーであった為先輩が1人もいなく殿様状態のクラブ生活であった。これはOB会などがあったときでも同じで一生続くであろう(^・^)
公式戦初勝利
中学3年の千葉県大会で1回戦苦戦の末初勝利した。試合後チーム全員大喜びではしゃいでいたところ試合会場の体育館の裏庭(人気のないところ)に並ばされ格下のチームに苦戦したということでS先生におもいっきり殴られた。続いた2回戦はボロ負けしさらにヤラれると思いビクビクしていたが格上のチームによく善戦したと誉められる。
最近このことを先生に聞くとしょっちゅう殴っていたので覚えていないとのこと....
高校ハンドボール部入部
夏休み・冬休み・春休み、皆が遊び呆ける休みの半分以上を合宿で過ごす生活に少し嫌気が差してきたのと副業で勤しんできたバンド活動(当時はビートルズ・サザンなどのコピーバンドであった)も楽しくなってきて、付属の高校に入学してからはどうするか悩み1ヶ月程ブランクを空ける。しかし結局さらに厳しいK先生の待ち受ける高校ハンドボール部に入部。
インターハイ出場
1年生の夏、T高校史上最強ともいわれた3年の先輩達が千葉県インターハイ予選で優勝、初のインターハイ出場を決める。開催地は鹿児島県。残念ながら1回戦で地元の隼人高校に負けてしまう。私は負けが完全に決まった終了前5分程出場させてもらった。試合には負けてしまったがこのあと3日ほど鹿児島に滞在でき観光をしながら帰ってきた(もちろん全て学校経費で...)。
ゴールキーパー転向
2年にあがる前、ゴールキーパー転向を打診される。フィールドを常に走り続けアップアップしていて自分が何をすべきか判らずにいることが多かった時期で転向を決意、ゴールキーパーの道を歩むこととなる。最初は恐怖心との戦いで、やはりボールを顔面と股間に喰らうのがたまらなかった。
関東大会出場
高校3年の千葉県大会で準優勝し関東大会出場を決める。当然2年前インターハイに出場した先輩達も出場しているが自分達の力で勝ち取ったものはうれしいものである。千葉県大会で優勝したのはライバルI学園高校、我々が練習試合を含め結局最後まで1度も勝てなかったチームである。茨城県岩井市で行われた関東大会では1回戦は無難に勝ち上がったが2回戦で優勝候補埼玉県代表U実業高校と対戦、玉砕する。もちろんU実業高校は優勝した。
ハンドボール生活最終戦
私のハンドボール生活の最終戦は高校3年夏の千葉県インターハイ予選決勝。練習試合でも1度も勝っていないI学園高校と決勝戦で対戦、前半はほぼEVENで折り返し「イケルか!」と思ったが後半はいつものようにやられて私のハンドボール生活に印籠を渡される。試合後あんなに恐ろしかったK先生の口から「お疲れさん!」のたった一言が男は人前で泣くのでないをモットーにしていた私の涙腺を緩めてしまった。
この年、I学園高校はインターハイで3位に入賞し、そして我々が関東大会2回戦でコテンパンにやられたU実業高校が優勝した。「ということはこの2校にしか負けたことの無い俺たちは実質全国4位の実力だ!」と恐れ多くも言っていた。

みなさん、ハンドボールを少しは見直していただけたでしょうか?ハンドボールを通じ青春していた者もいるのです。
何はともあれスポーツはいいものです。特に一緒に苦楽を共にした仲間はチームメイトはもとより先輩・後輩も他では得ることのできない大切な宝物となります。
先日T高校ハンドボール部30周年祝賀パーティが懐かしの学校食堂で開かれました。私は14期ということで後ろに16期も卒業生がいるのかとつくづく年を感じました。T中学ハンドボール部もいつのまにか20周年になると聞き、中学1期生の私たちが音頭をとってちゃんとお祝いをしろと高校先輩方からお叱りを受けました。こんなつながりもやはりハンドボールというスポーツがあったからこそと思います。
PS:ちなみに私は1年の浪人生活の後大学に進むとマージャン・パチンコに明け暮れハンドボールどころでは無くなってしまいました。そして今は年に3回しかコースへ行かないゴルファーとなっています。

社員のコラム2001年8月号(掲載:2001年12月)
担当:海老沼優文 m-ebinuma@ebinuma.co.jp

前のページに戻る