何でもランキングVol.2/ゴミの量が多い高速道路SAベスト5


順位 SA名/寸評 ゴミの量

海老名SA(東名高速) 592t
日本の大動脈、東名高速屈指のSA。東京から近い距離にある為、
下りは集合・待ち合わせ、上りは解散や休憩に利用される。

守谷SA(常磐道) 486t
首都高と東京外環自動車道が交わる三郷JCTに近く、東関東からの行楽客の利用も多い。
海からの帰りに便利なコイン洗車機もある。

上里SA(関越道) 445t
上信越自動車道と分岐する藤岡JCTを間近に控え、新潟と長野の両方面の利用客を
一手に引き受ける。下りには宅配サービスも。

談合坂SA(中央道) 444t
東名と並ぶ大幹線ながら、行楽利用が多い中央道。
特に富士五湖方面と分岐する大槻JCTに近い大型SAとあって、いつも賑わう。

養老SA(名神高速) 425t
岐阜県にあるSA。関ヶ原に近く、特に冬季は積雪渋滞が頻繁になる。
難所越えのドライバー休憩地として利用されている。

参考:JAF MATE2000年10月号
平成11年度ハイウェイ交流センター調べ

前のページに戻る